« 刷り出しがやってきた! | トップページ | ”何か”が見える!? »

2010年3月20日 (土)

「もしも」目線でシミュレーション

Urabana8_1
▲どの表紙がよかったですか?

7月にジェフ立会いのもと写真チェックを行ったときから、表紙に使用する写真は2パターンに絞り込まれていました。
目線ありと目線なし。どちらを採用するかで、作品のイメージはまったく異なります。

表紙は作品の顔。商品の顔。
全国の書店やオンライン書店の商品紹介でとりあげていただくにあたって
書店さんや消費者の方に印象づけるものにしたいところです。
長年のジェフファンのみなさんにドキドキしてもらえる表紙。
通りすがりのお客さんに「彼は誰?」と思ってもらえるようなアピールのある表紙はどれだろう?
そこで、ちょっとシミュレーションをしてみました。

【もしもジェフの本が写真集コーナーに陳列されたら】

Urabana8_2_2

スタッフの個人的な好みでは、目線なしの横顔バージョン。
デザイナーさんご夫婦は、旦那さんが目線あり。奥さんが目線なし。
そのほかのスタッフからも「コアなファンの方は目線ありのアイドルっぽい写真は嫌うかもしれない」
「商品の顔になるんだから、アイコンタクトは絶対必要!」という意見や、
普段フィギュアスケートをまったく見ない、予備知識のない女性スタッフからは
「こんなにカッコイイんだから、目をそらしちゃもったいない!」などの意見をもらい、
社内的な総意としては、目線ありが優勢となってきました。

ジェフサイドには、PDFの状態でチェックを依頼。
目線あり/なしの写真の違いほか、使用する色やロゴなど、デザイン別にチェックしてもらった上で
最終的に「目線ありバージョン、背の色はブルーで」との返答をいただきました。

Urabana8_3

▲先方に提出したデータ一式(1パターン分)左から扉ページ、本表紙、表紙カバー、帯コピー

校正作業はまだまだ続きますが、作品の完成形がなんとなく見えてきました。

↓メイキングDVDの盤面デザインも上がってきました。
Urabana8_4

Urabana8_5
▲学研ボムの付録(グラビアアイドルのみなさん大集合!)を拝借して
DVDの貼り付け位置を指示したら、この日の作業は完了です

|

« 刷り出しがやってきた! | トップページ | ”何か”が見える!? »

コメント

確かに、ファンは最初、恥ずかしくて書店で手に取れない・・状態でした。
不思議ですよね、氷上ならどんなパフォーマンスも受け入れてきて、それなりに
楽しんできたのに。なんか恥ずかしい・・だから目線は合っていない方が良い・・ですが
仰るとおり、まだJeffを知らぬ人には、この目線は捨て置けぬはず(笑)
某J事務所のように、どっちもバージョンで発売されていたら、どっちも買ってました。当然です^^

投稿: | 2010年3月21日 (日) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546162/47856284

この記事へのトラックバック一覧です: 「もしも」目線でシミュレーション:

« 刷り出しがやってきた! | トップページ | ”何か”が見える!? »