« 「バトル基準」 | トップページ | 秋に会いましょう »

2009年10月27日 (火)

ワインで乾杯!

学研での写真チェックを終えて、いざ東京滞在最終日のディナーへ。
「みんなでどう?」ということで、スタッフもご一緒させていただき、
六本木ミッドタウンにあるイタリアンへ。

前夜のディナーは、撮影中のためアルコールの類をセーブしたため、
ワイン好きの2人にとっては至福のひと時というところでしょうか。
マネージャーさんとジェフとで入念にワインリストをチェックしています。

そして、すべての予定をやりとげたお祝いとして、乾杯です。

正直、今回ここまで過酷な撮影になるとはスタッフも予想しておらず、
最後の最後まで協力してくれたお2人にはただただ感謝。
こんなに大変な思いをしてしまって、撮影嫌いになってしまうのでは? とも思いましたが、


「カナダで発売した写真集も、時間的には同じくらいかかっているんだよ。
カナダ版は撮影スタートが早朝で、日没まで撮影していたから」とジェフ。

昨年12月に、母国カナダでは、ジェフの引退トリビュート写真集が発売されました。
(発行:スケートカナダ)

『Jeffrey Buttle Canadian Figure Skater Bookリンク

(上記アイテムは日本からも購入できますが英語のみのご案内となります。ご了承ください)

前日の撮影の際に、実物を見せていただいたのですが、
バンクーバーの雄大な自然を背景に撮り下ろされたとても美しい作品集となっており、
実物を拝見して、日本のスタッフも思わずうっとり。装丁も見事です。
「牛に近づくカットがあって、ちょっと怖かった(笑)」とジェフは語っていましたが
表現者としてのジェフリー・バトルの姿が理想的な形で収められている、素晴らしい写真集でした。
カメラマンさんとも、「空の大きさがぜんぜん違う。やっぱり路上とはスケールが違うよね!」と、
美しい風景とジェフののびのびとした姿を楽しませていただいた次第です。

「リンクはケヴィン(・レイノルズ選手)たちが拠点としている所を借りたんだけど、
使用時間の関係で朝5時半のスタートだったんだ。夜遅いのも大変だけど、
朝早いっていうのもかなりつらいんだよ!(笑)」とジェフ。

ちなみに、カナダで発売した写真集も、写真家さんとはほぼ初顔合わせの状態で撮影を行ったとか。

「カナダ版は衣装もほぼ自前で、カメラマンと2人で場所や設定を考えながら撮っていったんだ。
海での撮影では、引き潮の時間を見計らって浅瀬に入っていったりして。
大変だったけど、すごく楽しかったよ。
今回の日本の写真集は、屋内の写真や作りこんだ写真も多い。
これに過去の競技写真も入ってくるから、この2冊はまったく違った作品になるね」とジェフ。

今回の撮影で、モデルとして受身になるのではなく、積極的に撮影に参加し、
現場でさらなるアイデアを引き出してくれたことを考えても、
ジェフ自身、さまざまな人とのセッションを楽しみたいというスタンスであること、
物づくりに対しても意欲的に取り組む青年であることをあらためて実感しました。
こうした活動や経験のひとつひとつが、今後のプロスケーターとしてのキャリアや
振付師としての活動にも反映されていくのかもしれない。
そんなことをふと思ったりしました。

お食事は、サラダやパスタ、ピザなどをシェアしつつ、
ワインに合わせてチーズのプレートなどをいただきました。
ゆっくりと最終日のディナーを楽しむと、時間はもう10時半。
翌日のフライトは朝9時すぎということで、そろそろホテルに帰ることに。

ミッドタウン来訪記念!? オブジェを撮影するジェフ。

Sany0008

Sany0009

Sany0010

2009年の夏の思い出がまたひとつ増えたでしょうか?

帰りがけには渋谷のスクランブル交差点でもパチリ。

Sany0013_2

Sany0014
▲渋谷センター街の入り口には大きな七夕飾りがディスプレイされていました。
平日の夜のため、さほど混雑した様子はありませんでしたが、ジェフから見ると
渋谷は夜遅い時間もたくさんの人であふれていて、来るたびに圧倒させられるとのことです。

これにてジェフの2009年夏の日本ツアーは終了。
成田~名古屋~東京ときて、明日は韓国・ソウルへと飛び立ちます。

|

« 「バトル基準」 | トップページ | 秋に会いましょう »

コメント

カナダ版写真集の裏話が聞けるなんて思ってもみませんでした。
感謝!感謝です!

投稿: | 2009年10月28日 (水) 16時49分

たくさんの撮影エピソードが聞けてすごく嬉しい。毎回とても楽しみにしています。
ジェフの人柄はファンなら誰でも周知のこととはいえ、彼の「いい人度」は私たちの想像以上なのだとあらためて思います。
2001年初めてテレビであのこぼれるような笑顔を見た時、「なんて性格の良さそうな、、、こんな少年が厳しい勝負の世界なんかじゃ可哀そう」などという勝手な思いに反し、彼は強い精神の人でもありました。

プロになって彼を見られる機会が減って淋しい分、写真集に感謝、感謝です。
日本で写真集が出版されることになった経緯についての記事を私は見つけることが出来なかったのですが、どこかに書いてありましたっけ?知りたいです。
文部科学省推薦みたいにクリーンなジェフの本が学研さんからというのがピッタリでおかしい!(笑)
撮影エピソードもそろそろ終盤かと思うと淋しいです。そう、そこでカレンダーいえ、この際何でも是非お願いしま~す!!

投稿: | 2009年10月28日 (水) 21時05分

カナダ写真集も、2冊まとめると1冊税関で没収されてしまうし
1冊ずつだと、送料が・・で悩んだものです(笑)
牛こわかったんですねぇ・・あれを見たときには、牛になりたいと
本気で思いましたけれど^^
ステファンが、ミッドタウンでショッピングしてきたって言っていて、随分と
羨ましがっていた記事がありましから、満足したことでしょう。
ちなみに、Jeffがチョイスしたワインの銘柄を、教えていただければ・・喜びます^^
ミッドタウンの帰りに渋谷ですか?
屋内撮影の帰りだとばかり思っていました。へぇ~~

カレンダー
卓上でもポスター型でも、文句は申しませんが・・⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

投稿: | 2009年10月28日 (水) 21時13分

バンクーバーの雄大な自然・・・きっと素敵なとこなんでしょうね~
行ってみたい♪
ジェフとディナー・・・
もし自分だったらジェフに見とれて食事がすすまない・・・(妄想)笑

ミッドタウンの帰りに渋谷。
思い出がまた一つ増えて良かったね、ジェフ!(^_-)-☆

投稿: | 2009年10月30日 (金) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546162/46600504

この記事へのトラックバック一覧です: ワインで乾杯!:

« 「バトル基準」 | トップページ | 秋に会いましょう »